倖田來未ダイエットサプリの魅力と置き換えダイエットを行う際の5つのポイント

「自分に合うダイエットになかなか巡り合えない…」「何をやっても失敗してしまう…」そんな方に向けて、歌手の倖田來未さんがプロデュースしたダイエットサプリであるキラーバーナーをご存知ですか?

キラーバーナーは、さまざまなダイエットを試してきた倖田來未さんが、試行錯誤して完成させた置き換えダイエット飲料です。

ライフスタイルに合わせて普段の食事をキラーバーナーに置き換えるだけで、大幅なカロリーカットにつながり、ダイエットを成功に導けるアイテムです。

この記事では、キラーバーナーの魅力と置き換えダイエットを成功させる5つのポイントをご紹介します。

キラーバーナーに興味がある方、置き換えダイエットをはじめたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キラーバーナーの魅力

ダイエット

おいしい味で手軽に取り入れられる置き換えダイエット飲料が欲しいという想いから、倖田來未さんがプロデュースしたキラーバーナーは、どのようなアイテムなのでしょうか。

まずは、キラーバーナーの魅力をご紹介します。

満腹感を得られる

置き換えダイエット

キラーバーナーには、以下の満腹感を得られる食物繊維が配合されています。

  • プランタゴ・オバタ(サイリウム)
  • ポリデキストロース

プランタゴ・オバタはオオバコ科の植物で、種子の外皮を精製したものが食物繊維として使われています。水を含むと大きく膨らむ性質をもっていて、約70倍にも膨潤する天然素材です。

食物繊維をたっぷり含んでいるだけではなく、小腹を満たし満腹感を与えてくれるので、ダイエットにピッタリのアイテムです。

ポリデキストロースは、1981年に米国FDAで低カロリーの食品素材として認可されたもので、日本でも1983年に食品として認可されました。

糖分の吸収を遅らせて血糖値の上昇を防いだり、腸内の善玉菌を増やしたりする働きがあり、脂肪の蓄積を抑制できます。

キラーバーナーは、満腹感を得られるうえに、腸内環境を整えて太りにくい体づくりに役立つ成分が配合されているアイテムです。

体脂肪の低下をサポート

置き換えダイエット

キラーバーナーに含まれるフラバンジェノールは、海岸松の樹皮から抽出された天然由来のポリフェノールです。

植物が成長するために欠かせないポリフェノールは、数が数千種類あるともいわれていて、カテキンやアントシアニンなどもポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用をもっています。

フラバンジェノールには脂肪の吸収を抑える作用もあり、体脂肪の低下をサポートします。

さらに運動による体重や体脂肪の減少を促進してくれるので、キラーバーナーと運動を併用することで、より高い効果を発揮します。

腸活もできる

腸活

キラーバーナーに含まれるオリゴ糖は、胃酸や消化酵素で分解されずに大腸まで届くのが特徴で、腸内の善玉菌の栄養源となることで、善玉菌を増やす効果があります。

さらに、オリゴ糖は腸の中でそのまま消化、吸収できない難消化性糖質なので、甘さがありつつも低カロリーだということがわかっています。

腸の不調はダイエットの大敵となるだけではなく、肌トラブルにつながったり、体調が悪くなったりします。

腸内環境が悪いと、代謝機能に影響が生じて痩せにくくなり、便秘によってダイエットを非効率にします。

ダイエットをする際に腸内環境を整えることは、ダイエットを成功に導くポイントにもなります。

置き換えダイエットを行う際のポイント

ダイエット 成功

キラーバーナーを使って置き換えダイエットをはじめようと考えている方は、ポイントを抑えて失敗しないように置き換えダイエットを行う必要があります。

ここからは、置き換えダイエットを成功させるポイントをご紹介します。

1日1食の置き換えからスタート

置き換え

置き換えダイエットは、1日の食事のうち1食か2食を置き換えるダイエット方法です。早く効果を感じたいからといって、最初から2食を置き換えてしまうことはあまりおすすめできません。

置き換えダイエットを始める際には、まずは1食分の置き換えからはじめてみるようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らすことで、空腹感に耐えられなくなったり、体調不良を招いてしまう可能性もあります。

また、一番摂取カロリーの多い夕食を置き換えると、高い効果が期待できますが、いきなり夕食を置き換えることに抵抗がある方は、まずは朝食からはじめてみるのもよいでしょう。

置き換え以外の食事はバランスよく

置き換え

置き換えダイエットを行っている最中も、そのほかの食事はバランスよく食べるようにしましょう。

とくに、たんぱく質はダイエット中に摂取量が減ってしまいがちなので、意識的にたんぱく質を摂取するよう心掛ける必要があります。

たんぱく質の少ない食生活を続けていると、筋肉量が減って基礎代謝が下がってしまうことで、痩せにくい体質を作り出してしまうので注意しましょう。

適度な運動をする

運動

置き換えダイエットをしながら適度な運動を心掛けることで、筋肉量を低下させることを防ぎ、脂肪を燃焼しやすい体を作れます。

運動は消費エネルギーを増やすために行うのではなく、筋肉を落とさないために行うと考え、筋トレやストレッチ、軽いウォーキングなど、無理のない範囲で続けられるものを選びましょう。

3ヵ月以上は継続する

ダイエット

置き換えダイエットは、効果が出るまで続けるようにしましょう。何週間か行っただけではなかなか効果は現れません。

効果が出るまでしっかり継続して行うことで、体重が減ってきたと実感できるようになります。

しかし、ある程度行っていると停滞期がやってきて、痩せ止まるようになります。

その際は、無理に摂取カロリーを減らすなどの方法ではなく、体重をキープすることを考えるようにしましょう。

キラーバーナーは3ヵ月以上継続することで効果が出たという方も多いですが、長期的に継続する際には他の食事での栄養バランスもしっかり考え、偏った食生活にならないよう注意しましょう。

間食をしない

ミックスナッツ

ダイエット中は、甘いケーキやチョコレートなどの間食は控えましょう。せっかく置き換えで摂取カロリーを減らしているのに、間食でそれ以上のカロリーを摂取してしまっては、ダイエットを成功させられません。

どうしても間食をしたいという方は、間食でのおやつ選び方に注意しましょう。以下は間食におすすめのおやつです。

  • ナッツ系
  • ヨーグルト
  • チーズ、卵
  • ビターチョコレート
  • 果物

これらは太りづらい食材なので、大量摂取はおすすめできませんが、少量ずつ食べるのであれば間食として常備しておきたい食材です。

また、どうしても食べ過ぎてしまうという方は、上記のような食材を小分けにして、1食分ずつカロリーをオーバーしないように袋に入れることで、食べすぎを防げます。

太りづらい食材といっても、大量に食べてしまわないように気をつけましょう。

まとめ

キラーバーナーの魅力と置き換えダイエットを成功させる5つのポイントをご紹介しましたが、参考になりましたか?

キラーバーナーは倖田來未さんがプロデュースした、置き換えダイエット飲料です。

倖田來未さんが本当によいと思ったものだけが配合されていて、理想の自分に近づくことができるアイテムです。

いままでさまざまなダイエットに失敗してしまったという方も、キラーバーナーなら、満腹感を得られるので継続しやすく、ダイエットを成功に導けることでしょう。

置き換えダイエットは、無理なく自分のできる範囲で行うことが重要です。記事内でご紹介した5つのポイントも参考にしながら、味、満足感、品質など、全てを納得いくまで倖田來未さんが何度も試行錯誤を重ねたというキラーバーナーを、ぜひ試してみてください。